ひぐらしメモ

とある字書きの身内向けひぐらしプレイメモ

ひぐらしメモ■はじめに

出来る限り予備知識を入れず同人版ひぐらしをプレイしているとある文字書きの備忘録。

元々は鍵垢のプライベッターで書き綴ってたけど、ひぐらしゴリ推しマンがたまに人に見せたがるので引越ししてみました。

でも完全身内向けなので、部外者が読んでもたぶん面白くないです。

 

推理っていうよりも、あくまで書き手視点での感想とか予想とか。
私が作者だったら、こういう設定ならこういう伏線の張り方するな~みたいな想像に基づいてるので推理というにはかなりメタ発言多い的なあれです。
あとひぐらしをゴリ推ししてくる友人やプレイ済みの友人が多少無意識にネタバレしてしまってる影響はどうしてもある。

でもネタバレはまじで見てないよ~ どれくらいあたってるかな

飛び飛びプレイなので最初の方のシナリオの話を忘れて何度も読み返してるけど、初見のイメージを大事にしたいので基本あとから思いついたことは後からしか書かないようにしてます。

 

そんな感じ

綿流し編 後半

>つづき

やはり急に変わった魅音に違和感。

前半読んでた時の推理どおり、地下拷問室で「魅音」を名乗っていたのは魅音のふりをした詩音ではないか?という予想。
でもそうだとすると、牢屋内の魅音まで詩音のふりをするのはおかしい…
彼女は魅音(鬼)のことを「お姉」と呼んでいたので本物の詩音?
もしくは魅音の側に、詩音に入れ替わりを強制させられる何らかの弱みがある?

それと、園崎家で会話してたときに刺青?を見せようとした
レナがとめたので実際には見てないけど、レナがとめるとは限らなかったはず
なのであれはやはり魅音なのか。

あと、地下拷問室の魅音魅音かもしれないけど
圭一を刺しにきたのは詩音なのではないかと思う。これはほんとなんとなくだけど。

死んだりかちゃんのポケットに注射器
病気?覚せい剤
りかちゃんは魅音(もしくは詩音)を疑っていて、殺すための毒を持っていったとか?
そういえば注射器は鬼隠しにも出てきたね!キーアイテムの可能性が高いのかな
だとするとやっぱりなんかのクスリが事件に関係ある?

詩音(?)の転落死
魅音との喧嘩は声のみしか聞かれていないとのこと
魅音は居合わせなかった?ひとりで姉妹げんかしていた(突き落とされたのではない)
仮説1.精神錯乱が原因の一人喧嘩のすえの自殺もしくは事故(転落)
仮説2.(詩音なりすまし説前提で)最期にすべての犯人を魅音とするための狂言自殺

魅音も井戸の底から見つかった
検死の結果、間違いなく圭一が拉致された日に死んだもの
じゃあ圭一を刺したのはやはり詩音?それとも実は詩音のなりすましでも、魅音の複人格でもない三人目の自称魅音がいる?三つ子である可能性…?
(鬼隠しでは詩音は影も形もなかったことを考えると、三人目がいる可能性も)

綿流しの晩かんごふさんに会っているが、検死ではかんごふさんとされる遺体はその時既に死んでいたらしい~
遺体は彼女本人ではない。やはり前半時の推理のとおり、彼女は死んでない?
でも立場的にもキャラ的にもズバリ黒幕とは考えにくいんだよなー。
鬼隠しではそっこー消えてるし。いやそれも狂言かもしれんけど、鬼隠しの彼女の存在があまりにモブすぎる
ただ黒幕?と何らかの関与があるのかも

最後の魅音はなんだったのか。実は生きてた?幽霊?
圭一の幻覚ではないかと予想

※鬼隠しでも同じような予想(圭一の幻覚)にたどり着いたので、
圭一自身が何らかの理由で幻覚を見る状態になっている…というのは結構正解に近いのではないかな?どうかな?

原因としては…
893園崎家が関わっているやばい薬(現代の科学ではばれないような古い植物麻薬とか)
もしくは圭一自身が精神病のようなものを煩っていて、強い被害妄想があるとか…
圭一視点の話だから、そのへんで普通のことも怖く描かれてる叙述トリックの可能性はあると思う
鬼隠しのときのレナの豹変とかは圭一の妄想説を個人的にはおしたい

(ただし実際に人は死んでるので全部が妄想とは考えにくい)
圭一は実は黒幕的なものに利用されている?
一家が雛見沢にひっこしてきて、主要メンバーと仲良くなるのも予定調和なのでは

 

○お疲れ会を見ながらの感想~

犯人は魅音、全ての元凶は園崎家。か?
過去も含めた一連の事件に園崎が関わってることは確かだと思われる
ただ行方不明とされていた人たちは井戸から見つかった(全員?)のでその線だが
逆に、最初から死体が見つかっている人たちの死についてあまり言及されてないような
富竹とか…鬼隠しの圭一とかそのへんも園崎の仕業なのか?あんな死に方なのに?
そうだとするとやっぱり薬?

メタ魅音>過去四年の黒幕が園崎だとすると五年目の事件だけザツすぎ
姉妹共犯説!なるほどΣ(・_・)その発想はなかった!
その説だと地下のやりとりもお芝居なのか。だとすればなりすまし説の矛盾は払拭されるような
なるほど、あまりにも園崎家が犯人というのがあからさまなので、五年目の事件は過去の事件を全て隠蔽するためにわざと起こした可能性もあるってことかあ

圭一がなぜ命を狙われるのか。
今回は理由があったが、鬼隠しでは理由がない(被害妄想だと思った最大の原因)
今回の理由も実質二種類ある。祭具庫に入ったことと、人形を渡さなかったこと
前者なら村に対しての、後者なら魅音個人に対しての罪。
正しい理由はどっちなのか、もしくはほかにあるのか。
そういえばチビーズ(というかりかちゃん)と村長が殺された理由も、結局圭一と詩音が話しをしたからなのか鍵を簡単にあけられるものに付け替えたからなのかはっきりしない。魅音は後者だといってるのに、圭一はずっと前者だと思い込んでるのがなんか違和感だったし、前者だとあまりにも人を殺す理由としては軽すぎないか。御三家当主のうちの二人なのに。

魅音の中に鬼がいるのは本当なのか。もしそれが真実で全ての犯行が魅音なのだとしたら、たたりではなくて二重人格か何かだと思うけど…
大本の原因が鬼隠しと同じだとするなら、鬼隠しで圭一が患っていた精神異常を、綿流しでは魅音(もしくは詩音)が患っているとか!
そういえば祭具殿に入ったときの物音を、詩音と富竹しか聞いてない。
もしもこれが幻聴だとすると、圭一は聞いてない=この話の圭一は鬼隠しと違って気が狂ってないのか。
鬼隠し=圭一の幻覚が仮に正解としても、
毎回どの話でも圭一が気が狂っているわけではなく、ひとつの可能性でしかない?
(=根本の原因は別にある)
だとするとこの話で狂っているのは魅音か詩音か、あるいは両方
あ、でも最後に出てきた魅音が幻覚だとすると、この時点では圭一は狂ってるのかも

やはり、未知の覚せい剤のようなもので園崎家が何らかの理由でその薬を利用している

もしくは遺伝病。
昔からいろんな小説や漫画で、遺伝病が呪いや祟りとされてきたみたいな話あるよね
鬼がふちの血をひいてるひとはみんな狂人の遺伝子を持ってて、発現するかは人によるとか。つまりよそ者だと思われていた圭一や富竹も、先祖をたどれば雛見沢の血を引いている!という大胆な仮説を現時点で立ててみる

広告を非表示にする

綿流し編 幼女ズ失踪まで

「最多の可能性」とは?何が最多なのか
いっぱい死ぬってことか、もしくは事件を止められる可能性が一番多いということか


>幼女ズ失踪までのメモ

詩音はちょいちょい魅音になりすましてる。
んで一連の事件の犯人が誰かはわからんけど、なんとなくこの先詩音が魅音になりすまして事件を起こすんじゃないかなと思ってる

で、その動機なんだけど、詩音はさとしくんと恋人だったか彼のことが好きだったんじゃないかな?
殺してやるとまではいかずとも、魅音の幸せをぶち壊したいとは思って圭ちゃんにちょっかいかけてんじゃないかな

そもそも園崎家において、双子なのに姉と妹の立場に差がありすぎるしもともと姉をどっか憎んでるんじゃないかなと

そこへきて自分の思い人は失踪してる(=魅音が関与してるか、そうでなくとも詩音はそう思っている)上に、魅音は圭ちゃんとキャッキャしてる
んで、綿流し編魅音は間違いなく圭ちゃんのこと好きだから、好きな人がそばにいて、そこそこうまく言ってる魅音詩音は妬ましく思ってるんじゃないか

あと鬼隠しではまったく思わなかったけど、看護婦のねえちゃんは結構重要人物なのではないか。村に何らかの恨みを持ってる人物か、その子孫?

村への恨みを晴らすためいろいろ調べてるんじゃないかなと思っているんだけど、だとすると割と志半ばで死んでることになるけど、鬼隠しはともかく、今回の黒こげ焼死体と離れたとこで発見されたのにすぐ歯型が照合されてるの怪しい=偽装工作で実は本人死んでない?

だがしかし、仮に看護婦さんがキーキャラだとすると、富竹も結構核心に迫る人物っぽくなるけど、富竹が重要人物なのは何となくゆるさないからただの看護婦に惚れたアホということにしておく

富竹が重要人物だってことは認めたくないんだけど…
カメラマンなのに鍵開けの技術持ってて、しかも「彼なら出来るだろう」みたいなこと言われてるのは怪しいと思う
くやしいけど!ただの変態トイカメラ男ではなさそうだ
そしてその正体を看護婦さんは知ってるぽい

看護婦さんが怪しい最大の理由は富竹に色目を使っているからだ!!
絶対キメエと思ってるに違いない(偏見)
何か利用する目的とかがない限り親しくしようと思わないはず!


鬼隠し編

ざっくり見返すと冒頭のポエムみたいなやつの作者名?が
フレデリカベルなんとか(ベルンカステルらしい)
「ふるでりか」と関係が…?

とりあえず富竹は死ね死ね言いまくってたらマジでしんだΣ ゴメン

だって気持ち悪いんだよあいつ…
のどをかきむしって自殺とかこわすぎ
死に方からして、毒を飲んだか頭おかしくなったかのどっちかぽいけど…?
(本当に自殺だとした場合)
もしかして毎回最初に死ぬんじゃないだろうなw

鬼隠し全編を通しての印象=実は圭一の気がくるってるんじゃないか
重度の被害妄想。
何も怖いことはないのに、圭一の目には何もかもが凄く怖く映っているのでは?
レナたちの豹変なんかもそれでなんとなく説明がつきそうな気はする

じゃあ「注射器」はなんなのか
覚せい剤、幻覚剤のようなもの?
薬を打たれて狂ったのなら、富竹の死因も説明がつくけど
だとすると全てが妄想というわけでもないことになる
(薬を作ったり複数の人間に打った犯人がいる)

それとも逆に、本当は幻覚状態の人間を沈静させるためのものだったのか
=富竹と圭一は同じ精神病みたいなものを患っていた?
それにしては富竹は終始能天気で、圭一みたいに被害妄想があるようにも見えなかった


○お疲れ会を見つつの感想~

おつかれ会のテーマは、事件の原因は「たたり」か「人間」か。
そもそも「オヤシロ様のたたり」とは何か?

鬼隠しだけだとかなり説明不足が否めない。わざとだろうけども。

鬼隠しだけでは、事件が100%人為的なものとは考えにくい…
けど謎解きもの作品だということを考えると、
たたりではなく「たたりを装った人間の仕業」なんだろうな? ※メタ判断

それプラス何らかの精神病のようなものが関与している?
(圭一の被害妄想と感じられる表現が非常に多いので)

じゃあ変死はともかく、行方不明はなんなのか。

広告を非表示にする